薄毛どうしたらいい?健康と育毛を改善するためのブログ

2016年1月30日
から ishikuso
0件のコメント

薄毛で悩む人は育毛剤を使うのが育効果が一番あるの?

ハゲや薄毛についてですが、男性の場合で歳が取ったときに起こる生理的な現象であることは常識的といえるかもしれません。また、少なからず、遺伝的な要因も在るかもしれません。例えば、二十代の男性で薄毛やハゲである場合、遺伝に因るかもしれませんし、そうでない場合は普段から頭皮ケアや頭に関する関心事が薄いのだといえるでしょう。後者の表現ですが、頭皮に在る脂分の除去、シャンプーをする際は薄毛対策が取れる商品を使うこと、といったものが考えられるでしょう。
男性がハゲや薄毛である場合、必要に応じて育毛剤等を使うと良いです。また、育毛剤については、評判が高い商品を使用すると良いでしょう。育毛剤ですが、第一類の市販されている医薬品であれば購入時に薬剤師から説明を受けてから買わなければなりません。第一類の市販されている医薬品ですが、薬剤師という医薬品の取り扱いができる国家資格者でなければ取り扱いはできません。効き目は非常に強いとされており、事前に説明を受けなければ適正な使用はできないとされています。
男性と違って女性が薄毛もしくはハゲである場合、これは精神的な苦痛は大きいです。女性のタレントで役柄のために坊主頭にしたりする場合を除いては、一般の女性で薄毛やハゲであることは好奇の目で見られるのは火を見るより明らかとされており、そういう人は自分の外貌を隠すために帽子を被ったりしているものです。また、女性のためのウィッグは専門業者が提供をしているようであり、最低で一万円以上で販売されています。また、オーダーメイドをする場合であれば三万円以上するとされており、比較的安い価格で提供をしている理由としては、タレントが役柄でやむを得ず坊主にするためでない、本当の意味で薄毛やハゲで悩む女性のニーズに十分に応えているからだと思われます。
薄毛等に悩む女性に対して、ウィッグ類は専門業者以外でも購入が可能とされています。ネットショッピングのサイト等で購入することが一応可能とされており、一万円台で「ロングヘアータイプのウィッグ」が売られていることも在るので、悩みを解消するために行動をしてほしいものです。

2016年1月13日
から ishikuso
0件のコメント

シャンプーをすると髪の毛が無くなるのは薄毛の前兆?正しいシャンプーの仕方

シャンプーをすると一度に約40本の髪が抜ける、なんてことはよく耳にしますよね? ですが、よくテレビのCMで流れている、いかにも「使って見たら毛が増えました」なんて言っているようなシャンプーはあまり効果が無いことはご存知ですか? むしろ、余計に髪の毛が減る結果になっているなんて思ってもいないはずです。
実は、テレビで良く見るシャンプーはあくまで頭皮ケア、という問題に焦点を当てているだけで、育毛自体にはさほど効果はないようです。多少はあるようですが、使えば髪の毛がふっさふさに増えた、なんてことはありえません。ほんのちょっとだけ、薄毛になるまでの時間を先延ばしにしているだけなのです。そして、この頭皮ケアをする中で頭皮の油を余分に落としてしまっていることが問題なのです。頭皮の油は頭皮を守るために必要なものなのですが、必要以上に洗ったりしてしまえば、余計に抜け毛を促進させてしまうのです。
それなら、シャンプーをしなければいいんじゃないか? とも思いますが、それは半分正解、半分不正解です。シャンプーをしなければ、頭皮の油は笛に増えて、この場合も抜け毛を促進してしまうのです。シャンプーを使わずにお湯だけで注ぐことは抜け毛予防には十分効果があります。しかし、毎回お湯だけだと同じように油は増え続けるだけなので、二日に一回はシャンプーを使用し、あとはお湯だけで注ぐ、と言ったやり方が一番効果があるでしょう。
さらに、薄毛予防に効果的なシャンプーを使うタイミングというのがあるのです。それはお風呂にゆっくりと使った後です。多くの人がシャンプーは体を洗うついでにやってしまうと思います。必然的に入浴はその後ということになる場合が多いでしょう。ただ、このシャンプーと入浴の順番を変えるだけで、随分と効果が変わるのです。頭皮まで温まった状態なら、油も落ちやすいですし、ついでに頭皮マッサージをやれば、効果はてきめんです。実際に僕もそうやっているおかげか、薄毛の進行をだいぶ遅らせることができていると思っています。
大事なことは頭皮ケアのシャンプーを避けることと、入浴後にシャンプーをすることです。自分にあったシャンプーを見つけて、苦しい薄毛に対策をしましょう。

2016年1月1日
から ishikuso
0件のコメント

薄毛の人の特徴!シャンプーを面倒くさがるなど私生活に問題あり?!

現在は、薄毛も解消され、問題無いと思います。
過去に一度、前髪の根元付近が、若干薄くなってきてるなぁと、感じたことがありました。まず、友達に言われ、初めのほうは、自覚も無く、気にしていなかったのですが、あるとき、ふと、鏡を見て、薄くなってきていると、感じました。こりゃやばいなと思って、実践したことを書いていきたいと思います。

何を実践したかというと、本当になんでもないことです。自営業なもので、人と接しない日が続くと、風呂にもはいらず、2~3日髪を洗わない日が多かったので、まず、この習慣を改善しました。
以前から、私は、シャンプーが嫌いでした。体に悪いものだと認識しているからです。なので、シャンプーの変わりに、石鹸を使用していました。それも、安いという点で、無添加の台所用の石鹸を使用しています。
とにかく、毎日、髪を洗うように心がけました。丁寧にもむように、地肌の油を取るイメージです。そして、洗い流すときは、丁寧に、流しのこしのないように心がけました。すると、徐々に、薄さが改善されていき、今では、元に戻ったような気がしています。
石鹸を使ったから良かったとは、言い切れませんが、とにかく、シャンプーというものは、男性の場合、髪を洗うものではなく、頭皮を洗うものだと、認識して間違いないと思います。髪を洗うという認識の人は、おそらく、洗い流すのが、雑になり、香りを残したいなどと考えるのかもしれません。ですが、それは、頭皮にとって、すごく悪いことだと思います。毛穴が詰まって、毛根が弱くなると思うのです。
なので、とにかく、毛根を元気にするイメージで、頭を洗うことを心がければ、薄毛に悩んでいる方も、少しは改善ないしは、進行を遅くする効果があるかもしれません。
石鹸を使ったから良かったとは、言い切れませんが、自分は、石鹸だから良かったとも感じています。それこそ本当は、洗髪用の石鹸を使うことが、更にいいように思います。
とにかく、頭皮を清潔にこころがける。これが、薄毛対策だと思います。

2015年12月23日
から ishikuso
0件のコメント

10代のころから薄毛に悩み続けた人の対策と治療方法について

私は10代の頃からすでに薄毛になっていました。今は34歳です。若い頃からの薄毛はとても悲しく、絶望に打ちひしがれます。周りはふさふさなのに、自分だけ禿げているこの悲しみはハゲにしか理解できないでしょう。私が行ってきたハゲに対しての取り組みを紹介します。まずハゲの原因はいくつかあります。加齢による薄毛、遺伝による薄毛、ストレスによる薄毛、皮膚疾患などの病気による薄毛、栄養障害による薄毛、運動不足などの生活習慣が原因の薄毛などなどがありました。私は、加齢や病気の場合は該当しませんので、省きます。病気の場合は病院で検査してもらい適切な治療を行いましょう。加齢の場合は仕方がありませんので、あきらめましょう。遺伝の場合もあきらめるしかないのですが、私はおやじがハゲではありませんでしたので、残るはストレスと栄養障害、生活習慣が原因の薄毛でした。私は、育毛剤なども使用したのですが、あまり効果はありませんでした。具体的にはサクセスという商品とイノベーションという商品をそれぞれ3か月使用したのですが、どちらも効果はみられませんでした。しかし育毛剤の効果を否定するものではありません。自分に合った商品を見つけることができれば、髪の毛が増える方向にもっていけるものもあると思います。私は運動療法も行いました。確かに普段からあまり運動していませんでしたので、そのせいで禿げてくるのかなと思いました。毎日30分~1時間ほどのジョギングを始めました。これは半年以上続けましたね。ジョギングはとても良かったです。とても健康的にもなりますし、精神的にもとてもいいです。性格が明るくなりました。しかしハゲには効果がなかったですね。食事療法も試しました。肉多めの食生活でしたが、海藻類や野菜類を多めに取り入れて、豆乳などのイソフラボンを含む食事を心がけました。しかし1年ほど続けても効果がみられませんでした。私は嘆き悲しみました。運動も食事も育毛剤もすべてダメです。ちなみにAGAの治療薬を飲んだりもしましたが、副作用が強く続けられませんでした。もうすべての取り組みが退けられた私はもう一つの選択肢しか残されていませんでした。それはあきらめるということでした。ハゲを改善することを完全にあきらめたのです。すると、奇跡が起きました。髪の毛が徐々に増え始めたのです。34歳の今ではだいぶ回復していてハゲではありません。要は薄毛を悩みすぎるストレスによって薄毛が加速されていたようです。一度ハゲに対するとりくみをすべてやめてみると、奇跡が起きるかもしれません。この記事が役に立てば幸いです。

2015年11月14日
から ishikuso
0件のコメント

薄毛の人必見の私生活を変えて育毛改善を行う具体的な方法

薄毛で困っている方は必見です。今のあなたの生活状態を変えれば薄毛を止めることも可能ですし、まだ薄毛になっていないという方も、それにならない対策を取っていただくことができます。

まず、薄毛の原因の1つとなっているのが、生活習慣の乱れです。
これは、薄毛だけではなく、肌荒れや便秘、それに病気などの原因にもなり得ることだということは皆さんもご存知かと思います。
では、具体的にどういうことをすればよいのでしょうか。

1つ目は、食生活をバランスの良いものにするということです。
例えば脂質が高い食品を日頃からよく摂っているという方、それに高カロリーの食べ物をよく食べるという方はこれによって動脈硬化、つまり、血管が詰まってしまい、血の巡りが悪くなってしまいます。
血の巡りというのは髪の毛と大いに結びついていて、これが悪くなると、髪の毛が伸びにくくなるだけではなく、白髪の原因になったりするのです。
ですから、バランスの良い食生活を摂るようにして、できるだけ高カロリー、高脂質な食べ物は控えるようにしましょう。

2つ目は運動不足です。
運動不足というのは、体の様々な部分に影響を与えます。
運動をあまりしないと、冷え症などにもなりやすく、血管を詰まらせてしまいます。それによって先述したように血液が頭にまで行かなくなり、髪の毛の成長に支障をきたしたりするのです。
ですから、今までバスを使っていた所を歩いたり自転車を使っていくとか、日頃から時間がなくてもできるような運動をするようにしましょう。

そして最後は、上質な睡眠をとるということです。
睡眠不足はストレスや疲れがたまって、これもまた血管を詰まらせる原因となりますので、睡眠時間は短くてもきちんと睡眠ができている状態、つまり上質な睡眠をとるようにしましょう。
さらに、あまりストレスや疲れを体にためないようにあまり考えすぎないなど、それらを解消できるような自分なりの対策を取るようにしましょう。

2015年5月22日
から ishikuso
0件のコメント

薄毛は遺伝する?父親も祖父も剥げている人の対策と方法

薄毛は遺伝するのでしょうか

父親や祖父がはげている人は孫や子供にも遺伝すると言われていますが実際はどうなのでしょうか。体験談を元に解説していきます。

以前は薄毛に悩んでいました。父も祖父もいわゆるハゲです。父も祖父も学生のころは髪があったが社会人になったとたん薄毛に悩まされたという話は幼いことから聞いていました。しかしながら私は学生の時、髪もそめていましたしパーマもかけたこともあります。遊びに行く際には上にワックス、スプレーをしていました。そしてそのような生活をしていても薄毛になることはなかったため、自分は薄毛にハゲにならない体質だと思い込んでいました。
大学生活を終え、社会人となり1年後、大学の友人と飲むことがありましたがそこで髪が細くなった、ボリュームがなくなったことを指摘され父、祖父の言葉を思い出しました。それからはいろいろな髪に関する情報をあつめました。社会人になってからは一日一色はカップラーメンかコンビニ弁当を食べていたのを食生活によって髪が細くなっていく速度をとめられるという情報を目にしてその日からカップラーメンとコンビニ弁当を控えました。また、髪は染めていないもののワックスやスプレー等は社会人になっても使用していましたがワックスやスプレーを使用した日の夜にはそのまま寝ることを控えて髪をしっかり洗うことに努めました。さらに最近では汚れを洗い流す用のシャンプー、その後に使用するシャンプーを使い分け頭皮の汚れをしっかりとおとし、育毛のさまたげとならないよう心がけております。特に育毛用の製品を何か使用しているわけではありませんが薄毛に良いと思われることは良い生活習慣を送ることが一番だと考えます。良い生活習慣とは上で述べたと通り、よい食生活をおくること、髪を常に清潔にする(かみの洗い過ぎは良くないようです)ことが重要であります。私のような明らかにハゲ遺伝子を持った人間でも意識して良い生活習慣を心がけることにより今ではあのころから全く薄くなっていないと言われることもありますし、以前よりボリュームが増したといわれることもしばしばあります。みなさんもがんばってください。私も頑張り続けます。