薄毛どうしたらいい?健康と育毛を改善するためのブログ

10代のころから薄毛に悩み続けた人の対策と治療方法について

| 0件のコメント

私は10代の頃からすでに薄毛になっていました。今は34歳です。若い頃からの薄毛はとても悲しく、絶望に打ちひしがれます。周りはふさふさなのに、自分だけ禿げているこの悲しみはハゲにしか理解できないでしょう。私が行ってきたハゲに対しての取り組みを紹介します。まずハゲの原因はいくつかあります。加齢による薄毛、遺伝による薄毛、ストレスによる薄毛、皮膚疾患などの病気による薄毛、栄養障害による薄毛、運動不足などの生活習慣が原因の薄毛などなどがありました。私は、加齢や病気の場合は該当しませんので、省きます。病気の場合は病院で検査してもらい適切な治療を行いましょう。加齢の場合は仕方がありませんので、あきらめましょう。遺伝の場合もあきらめるしかないのですが、私はおやじがハゲではありませんでしたので、残るはストレスと栄養障害、生活習慣が原因の薄毛でした。私は、育毛剤なども使用したのですが、あまり効果はありませんでした。具体的にはサクセスという商品とイノベーションという商品をそれぞれ3か月使用したのですが、どちらも効果はみられませんでした。しかし育毛剤の効果を否定するものではありません。自分に合った商品を見つけることができれば、髪の毛が増える方向にもっていけるものもあると思います。私は運動療法も行いました。確かに普段からあまり運動していませんでしたので、そのせいで禿げてくるのかなと思いました。毎日30分~1時間ほどのジョギングを始めました。これは半年以上続けましたね。ジョギングはとても良かったです。とても健康的にもなりますし、精神的にもとてもいいです。性格が明るくなりました。しかしハゲには効果がなかったですね。食事療法も試しました。肉多めの食生活でしたが、海藻類や野菜類を多めに取り入れて、豆乳などのイソフラボンを含む食事を心がけました。しかし1年ほど続けても効果がみられませんでした。私は嘆き悲しみました。運動も食事も育毛剤もすべてダメです。ちなみにAGAの治療薬を飲んだりもしましたが、副作用が強く続けられませんでした。もうすべての取り組みが退けられた私はもう一つの選択肢しか残されていませんでした。それはあきらめるということでした。ハゲを改善することを完全にあきらめたのです。すると、奇跡が起きました。髪の毛が徐々に増え始めたのです。34歳の今ではだいぶ回復していてハゲではありません。要は薄毛を悩みすぎるストレスによって薄毛が加速されていたようです。一度ハゲに対するとりくみをすべてやめてみると、奇跡が起きるかもしれません。この記事が役に立てば幸いです。

コメントを残す

必須欄は * がついています